本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

選手コース

2018-07-11
本日は選手コース♪
 
 
つり輪の終末技。
 
 
これは、ムーンサルト(2回宙返り1回ひねり)といわれる技です。どんなに難しい技をしても、着地を止めなければ減点されてしまいます。
 
 
素晴らしい演技といわれる演技は着地までピタッと止めています。大会本番で自分自身が納得できる演技ができるようにしっかり練習をして、目標達成してもらいたいです(^^)
 
 
 
 

スタッフ紹介2

2018-07-10
お待たせしました!
 
スタッフ紹介2人目に登場するのは、入社1年目のニューフェイス! 堀内先生です(^^)
 
 
担当コース
リトルキッズ・キッズ
キッズアクロ・ジュニア
キッズジュニア・初級
器械体操・チャレンジ
選手コース
 
 
好きな言葉は...
 
     「壁は自分自身」
 
乗り越えるべき本当の壁は常に自分自身の中にある。今の自分を乗り越え、日々成長していきたいという思いから。
 
必ず乗り越えられると思えばその壁は低くなる。無理だと思えば壁は高くなる。気持ちの持ち方、考え方ひとつで人は大きく変わることができると思っています。自分の可能性を信じて頑張っていきますので、よろしくお願いしますm(__)m

アクバス体育学院 ~プール~

2018-07-09
朝から蝉の大合唱が始まり、いよいよ梅雨明け&夏本番!
 
今日はひまわり組さんは大阪国際大学のプールに行ってきました♪
 
 
大きなプールに緊張気味の子どもたちでしたが、しっかり練習してきました~(^^)
 

バク転練習中です(^^)

2018-07-07
バク転練習!
 
トランポリン&補助により、まずは感覚を身体で覚え、イメージをつかむ練習。意識をするポイントとしては、背中から後ろに重心を持っていき、踏み切るタイミングで手を遠くに振ること。何度も繰り返し練習を行うことで恐怖心もなくなり、きれいなバク転ができるようになります。
 
 
バク転をマスターして、色々な連続技に挑戦だ!
 
 

☆ ブリッヂ ☆

2018-07-06
おはようございます♪
 
今日はブリッヂについて、少しお話をしたいと思います。みなさんはブリッヂの理想的な形を知っていますか?
 
 
手から肩、胸のラインがまっすぐ(床に対して垂直)になり、膝を伸ばすと写真のようなブリッヂになります。すごくきれいですよね。ブリッヂで頭を上げることができてきたら、まずは肘をしっかり伸ばします。そして膝も伸ばせるようにしましょう。
 
きれいなブリッヂができるようになるためには、肩や腰の柔軟性が必要になります。すぐにはできるようになりませんが、きれいな形のイメージをもって練習すれば必ずできるようになってくるので、がんばってくださいね(^^)
 
 
TOPへ戻る